ホームページとLPの違いとは?

コラム

インターネットで自社の宣伝や集客、物品販売などを行う場合に必ず必要になるのがウェブサイトです。

以前はランディングページはさほど出回っておらず、ウェブサイトといえばホームページでした。
ここ数年でランディングページ(LP)がどんどん多くなってきましたが、ホームページとランディングページはどう違うのでしょうか?

ホームページとは?

ホームページの大きな役割は、「閲覧者に情報提供すること」です。
情報をどんどん増やして(ページを増やして)発信し続ければ情報量が多くなり、検索エンジンの上位に表示される可能性が高まります。
つまり、ページ構成は複数ページとなります。

ランディングページとは?

ランディングページの役割は「ユーザーに行動を起こさせること」です。
ページ構成は1ページだけなので、ホームページに比べると簡単に(安価で)作成できます。
ただし、デメリットとして検索エンジンからの評価を受けづらいため、インターネット広告を使って集客する必要があります。

はじめてウェブサイトを準備しようと思ったとき、どちらを準備するのが良いでしょうか?

それはズバリ!「ホームページ」です。

ホームページではあなたの会社・事業の存在を認知してもらうことに適しています。
ホームページと聞くと「ボリュームが多い」「制作料金が高い」というイメージを持つ方も多く、予算を抑えるために1ページ構成で比較的低料金なLPを選択する方が多いという傾向があります。

ホームページの目的は会社・事業を知ってもらうことが第一の目的ですので、最初の立ち上げ時は、極端にいえば

「トップページ」「会社概要」「業務内容」「お問合せページ」

があればまずは十分です。

徐々に様子を見ながら、ページを増やしていくことで情報量が増え、検索上位に上がってきやすくなります。
どちらが良いか迷っている場合は、まずホームページを検討されると良いと思います。

ランディングページのメリット

ランディングページは行動を起こさせやすいというのが大きなメリットです。

ランディングページは1ページ構成であることから、一気に上から読み進めて行くだけで自然に行動につながるように構成されています。

例えばセミナー開催にあたり参加者を募りたい…という目的のランディングページであれば、

「キャッチコピー、セミナー内容の説明、ターゲットの記載、日程、権威付け、申込み」といった構成でランディングページを作り、最終的に参加申込みまでできるようになっています。

またリスティング広告やFacebook広告などのインターネット広告を利用すれば、短期間の間に集中して参加者を集めることができます。
キャンペーンや期間限定のイベントなどで活用すると効果的です。

ただし、インターネット広告の運用にはノウハウや費用が必要なので、継続的に集客を行いたい場合にはホームページの方がおすすめです。

KMIデザインオフィスでは、初めてウェブサイトを検討されるお客様に、業種や目的に応じて制作方法のご提案も無料でさせていただいております。
最初から無理せず土台を準備し、徐々に経営状況などを見ながら広告を利用したりページ(情報)を増やしていきますとと安全に運営できます。

ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

ご相談・お見積は完全無料です

KMIデザインオフィスへのお問い合わせは下記より承っております。
迅速返信・回答を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

私、三浦が対応いたします
【フォームからのご相談/24時間受付】

ご相談・無料見積受付フォーム

【お電話でのご相談/年中無休対応】

受付時間…10:00~22:00

【LINE・チャットワークでのご相談】
chatwark ID:kmioffice
LINE ID:kmioffice.business

上記より追加申請をお願いいたします。

関連記事一覧