制作料金はどうやって決まるの?

制作に関して

ご覧いただきありがとうございます!
KMIデザインオフィスの三浦です。

制作料金は業者ごとに大きく異なります。
全く同じボリュームで同じクオリティのランディングページでも、A社は50万円、B社は30万円、C社は10万円…など。
こうなると悩みますよね?

「安いとサービスが悪いのかな?」
「安いということはなにか落とし穴があるのかな?」
「高ければちゃんとしたサイトを作成してくれるはずだ」

実際はどうでしょうか?

ちなみに、当オフィスはC社の料金設定に近いです^^

料金の違いは「これが理由」という確定した事は正直わかりませんが、一般的には下記理由による違いと言われています。

大手の制作会社はオフィスのレンタル料金は大勢のデザイナーの人件費、広いオフィスになりますと光熱費も高くなり、PCの台数も多いため経費がかなりかかります。
この経費を捻出するために制作料金に上乗せされてしまうというのが現状になっています。
50万円、30万円の違いはオフィスの規模の違いも影響しているといわれています。

では、全く同じ完成度なのに10万円で作成できるのはなぜでしょうか?

それは、経費を少なく抑えられるからです。

当オフィスを例にしますと、デザイナーは私一人です。
自宅の一室をオフィス(作業部屋)として利用しているため家賃や光熱費はほとんど負担がありません。
この環境だからこそ、制作料金だけをお客様からいただく形が実現できます。

大がかりな仕組みを兼ね備えたサイト(ECサイト/楽天市場のようなショッピングサイト他)を検討されている方は大手の制作会社の方が心強いと思います。
一般的なコーポレートサイト、小さなお店、個人事業、中小企業の方は求めるシステム(仕組み)によって業者を選択されることをお勧めいたします。
安い=効果が無い
安い=デザインが劣る
ということはありませんので、安心してご相談ください。

お問合せ方法はこちら

関連記事一覧

関連記事はありません。